monteecristoo’s blog

https://twitter.com/irakaarozo

Laravel Migration file 操作

php artisan make:migration create_messages_table --create="messages"

 

Schema::create付きのmigration fileが生成される。

 

function up

php artisan migrate した時の動作

funciton down 

php artisan migrate:rollback した時の動作

 

migrateをやり直したい

php artisan migrate:rollback (データベースごと消える)

一旦migrateしたmigration file は直接編集できない。rollback後なら編集可。

データベースのデータを残したままmigrationを編集したい

→ 上書き編集用のmigration file を作成する ファイル名はやりたい編集の内容が分かりやすいようにする。

php artisan make:migration create_add_subject_column_to_messages_table --table="messages"

→ function up に

Schema::table('messages', function (Blueprint $table) {
    $table->string('subject');
});

php artisan migrate

→ messages tableにsubject columnが付与される。

 

php artisan migrate 

Base table or views already exists: 1050 .....(error)

phpmyadminから対象tableを削除して再度migrate

 

* php artisan migrate で error が発生したら composer dump-autoload